ホーム > 法を問い学を修める
法を問い学を修める

2017/09/01

vol.54 原始仏教

vol.54 原始仏教

 「人、人、人、すべては人の質にある」 金剛禅の出発点は、この開祖の確信にありました。「人づくり」の手段には何がいちばんふさわしいのか?開祖のさまざまな体験から生まれたのが、教えとしての「金剛禅」であり、その行としての「少林寺拳法」でした。  そして、開祖が「金剛禅」の教えの基盤とされたのが「釈…
法を問い学を修める

2017/08/01

vol.53 開祖の志を理解する三本柱

vol.53 開祖の志を理解する三本柱

 約四十年前、私は全日本学生少林寺拳法連盟委員長という役目がら、大学生の研修制度を開祖にお願いをしました。大学本部合宿のときに毎週数名の大学生を研修生として受け入れてもらうというものでした。一日中、本山の先生方に指導を受けられるという希望を持って集まった大学幹部は、当時山門衆と呼ばれた先生方といっし…
法を問い学を修める

2017/06/01

vol.52 強く生きるということは・・・負けないことではなくて

vol.52 強く生きるということは・・・負けないことではなくて

 「『強く生きるということは 決して負けないことではなくて 誰のせいにもしないこと.言い訳しないで生きること.』(ボンボヤージュ「ちびギャラ」)これいいでしょ」というので、インターネットで検索すると、どういうわけか作者より関ジャニ∞の名前が出てきました。けっこう若い人が共感しているのかな・・・。 …
法を問い学を修める

2017/04/01

vol.51 不運であったとしても不幸にならない・・・そんな社会が

vol.51 不運であったとしても不幸にならない・・・そんな社会が

 恒例のバザーの日が近づいてきました。今年も、またお会いできるでしょうか。お父さんも、お母さんも高齢になってきましたので、運営に参加できない方もおられます。40年近くたてば、親も高齢ですから。ふとしたきっかけで、お邪魔するようになった福祉施設。父母の会をまとめておられる方と、前夜に酒を飲みながらお話…
法を問い学を修める

2016/12/01

vol.49 「『は』と『と』、そう思い込んで・・・『いいね』という声が聞こえる」

vol.49 「『は』と『と』、そう思い込んで・・・『いいね』という声が聞こえる」

 その題名を「教えることは学ぶこと」だとずっと思い込んでいました。林竹二さんと灰谷健次郎さんの二人で書かれたその本の題は、実は『教えることと学ぶこと』でした。  「は」と「と」。たった一文字の違いですが、「は」なら「教えること」と「学ぶこと」は同じこと。「と」なら、結果として結びついていることにな…
法を問い学を修める

2016/10/01

vol.48 修行の目的と手段

vol.48 修行の目的と手段

 多くの禅僧の伝記を掲載している伝灯録に南嶽懐譲(なんがくえじょう)と馬祖道一(ばそどういつ)との問答が載っています。  「道一がまだ悟りを開く前で、伝法院で学んでいるときのこと。彼は毎日、一生懸命座禅を組んでいた。そこを通りかかった懐譲禅師が聞いた。  『お前は何を求めて座っているのか』 …
法を問い学を修める

2016/08/01

vol.47 布施行のすすめ

vol.47 布施行のすすめ

 報道によると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手、米フェイスブック創始者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)(31)は、自身と妻が持っている同社の株式のほぼ全てを、慈善事業に寄付すると発表しました。 寄付するのは二人が保有する株式の99%分で、時価総額は450億…
法を問い学を修める

2016/06/01

vol.46 皮肉骨髄の訓戒

vol.46 皮肉骨髄の訓戒

 達磨大師は中国の梁の時代に正法を伝えようとはるばるインドからやってきて、武帝との有名な問答で理解を得られず、梁都を去って魏の国へ行った。よく達磨図に、葦の葉に乗って川を渡る姿が描かれているのは、このときのことだという。達磨大師の弟子に慧可、道育、尼総持、道副という四人の弟子がいた。有名な「皮肉骨髄…
法を問い学を修める

2016/04/01

vol.45 真純単一に

vol.45 真純単一に

 教範の「金剛禅の主張と願い」の項では、「金剛禅と云うのは(中略)、生きている人間が、拳禅一如の修行をつみ、不屈の精神力と金剛身を養成し、まず己をよりどころとするに足りる自己を確立し、そして他の為に役立つ人間になろうという、身心一如・自他共楽の新しい道であり(中略)、現世に於て平和で豊かな、理想境を…
法を問い学を修める

2016/02/01

vol.44 「全ては自らのことなり」

vol.44 「全ては自らのことなり」

「命のある間は死ぬのではないのだから、死ぬ死ぬ、とむやみに言うものではない」「人間死ぬまでは負けたのではない。生きている間は何度でもやり直せる。諦めるな」「人間は、ダーマの分霊を受けたすばらしい存在である。自らの可能性を信じることで、他人も認めることができる」「搾取、支配のない理想社会、理想境となる…
法を問い学を修める

2015/12/01

vol.43 「人、人、人、すべては人の質にある」

vol.43 「人、人、人、すべては人の質にある」

 昨年末から年明けにかけて結婚式の招待を受け、UAE(アラブ首長国連邦)のドバイに行く機会を得ました。新郎は、イタリア系カナダ人、新婦はアラブ系パレスチナ人で国籍はヨルダン、住まいはアブダビなのですが、親戚の多くがドバイ在住で、家長にあたる方がドバイということからドバイでパレスチナ式(新婦の父上はパ…
法を問い学を修める

2015/10/01

vol.42 教範に帰る

vol.42 教範に帰る

 北陸新幹線が今年の3月14日に金沢まで開業したことにより、北陸への企業誘致も進んでいます。私の地元、黒部市でもファスナーやアルミ建材で有名なYKKが本社機能を黒部事業所に移すことになり、社員だけでも約200人が富山に転居されます。そのおかげもあり、住宅の新規着工は伸びているそうですが、工務店さんの…