vol.32 架け橋たれ Be the Bridge

2017/11/01

osawa_p1

合 掌
 本山のある桃陵公園も紅葉がはじまり、駆け足で季節の移ろいゆくのを感じます。皆様におかれてはご健勝でお過ごしの事とお喜び申し上げます。また今月もこのページをご覧頂きありがとうございます。
 先月は台風21号が日本列島に上陸し、甚大な被害を残し、その爪痕も復旧されぬまま22号が発生しました。被災地の皆様にお見舞い申し上げますと共に1日も早い復旧復興をお祈りいたします。
 さて、今月3,4,5日の三日間は、香川県多度津町の本山に於きまして、少林寺拳法創始70周年記念行事の大イベント、ブルースカイキャンパスin多度津が開催されます。全国各地で活躍する門信徒の皆様をはじめ、OBの方々、ご支援いただいている企業の方が大勢集結します。創始70周年を祝う大切な行事ですが、もう一つ大切な目的があります。それは70周年のテーマでもある「架け橋たれ」という言葉に込めた思いを皆の胸に刻み行動することです。この言葉に込めた思いは、開祖が少林寺拳法を創始した思いそのものです。人づくりを通して良き社会をつくる。そのために少林寺拳法の修行により自己確立し、強くて優しい人になる。そして自分も周りの人も幸福になるよう自他共楽の行動をとる。そして社会を良くするためには、自分の影響の範囲を広げ、自己確立と自他共楽できる人を増やしていかなければなりません。開祖の思いが、過去から現在につながりそして未来につながってゆく。一人一人がつながり社会に広がってゆく、そうして出来る良き社会を改めて目指そうではありませんか!今一度自分の存在がどのように社会に貢献できているのか見つめ直しましょう。疎遠になった方を訪ねてみましょう。新たなつながりを創れるようチャレンジしましょう。
 青空のもと少林寺拳法を通じて出会った縁を再確認し、実感し、感謝していただけることを願っております。また一人一人が架け橋となって絆を繋いでいき、皆様の心が青空のように澄み渡ることを祈念しております。
 末筆ではございますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
合掌再拝