ホーム > 金剛禅 コンテンツ
道院長元気の素

2019/09/01

vol.66  京都明珠道院 道院長 三井純一

vol.66 京都明珠道院 道院長 三井純一

考えるよりも行動 私の道院は、全国でも珍しく、京都翔英高等学校(学校長:堤 清彰 先生)という私立の学校の武道場を専有道場として修練をしています。これはこの学校が幸いにも少林寺拳法を正課に入れた学校であり、私も勤務していることで設立できたという経緯があります。 小学校1年生のとき、大阪美原道院に…
管長法話

2019/09/01

vol.54 足るを知り、幸せを感じられる生き方を

vol.54 足るを知り、幸せを感じられる生き方を

合掌  暑さが和らぎ、次第に過ごしやすい季節となってきました。空調機器を使う機会も減り、これまで気づかなかった小さな季節の変化も、肌で感じられるようになったのではないでしょうか。  感じると言えば、普段私達は、どのぐらい幸せを感じているでしょうか。  持っているお金の量や、成し遂げてきたことで…
管長法話

2019/08/01

vol.53 一人ひとりが世の中を明るくする原動力

vol.53 一人ひとりが世の中を明るくする原動力

合掌 さわやかな夏空の下、皆様いかがおすごしでしょうか。  先日、愛媛県宇和島市で開かれた「第69回“社会を明るくする運動”宇和島市推進大会」に記念講演の講師として招かれ、「半ばは自分の幸せを 半ばは他人の幸せを」という演題で講演をいたしました。今大会は保護司の方が中心となり、行政主導で行われた…
道院長元気の素

2019/07/01

vol.65  大垣道院 道院長 松原光孝

vol.65 大垣道院 道院長 松原光孝

楽しく汗を流す  前道院長の後藤昭一先生より、「まず、稽古で汗をたくさんかくことである。理屈は後からついてくる。」と薫陶を受けてきましたので、「楽しく汗を流す稽古をする」これが私の指導方針です。その一方で、性別、年代、ニーズ等が異なる様々な門下生全員が楽しめる稽古ができるよう工夫をしています。「基…
管長法話

2019/07/01

vol.52 一度しかない人生を豊かに

vol.52 一度しかない人生を豊かに

合掌  7月に入りました。日ごとに暑さが増し、家庭や職場でも気温が高い地域では冷房を使い始めている頃ではないでしょうか。  私達は気温の変化をコントロールすることはできませんが、人間の体はある程度、気温の変化に適応するようにできています。それは自らがそうしようと意図したわけではなく、生まれついて…
管長法話

2019/06/01

vol.51 金剛禅運動の先導者

vol.51 金剛禅運動の先導者

合掌  6月に入り全国的にも徐々に梅雨入りの時期となりますが、皆様にはご健勝で過ごされることを願っております。  さて、本山では3年ぶりとなる道院長研修会の1次、2次が終わり、すでに道院長の半数以上が帰山されました。  全国各地で金剛禅の布教・教化育成に取り組まれている道院長、更にこの時期、宗…
道院長元気の素

2019/05/01

vol.64  岡崎中部道院 道院長 加藤利彦

vol.64 岡崎中部道院 道院長 加藤利彦

幼少より身近な存在 私の父は、道院長として、2つの道院を運営していたため、生まれたころから少林寺拳法は非常に身近な存在でした。そして、私が28歳の時、父が運営している道院の一つを引き継ぐことになりました。当時、道院内には、高段者の先輩拳士も多数在籍されていたので、「私に道院長が務まるのだろうか」と…
管長法話

2019/05/01

vol.50 宗道臣デー月間を通じて成長していく

vol.50 宗道臣デー月間を通じて成長していく

合掌  5月、新元号「令和」の幕開けです。「平成」の世から引き継いだものをさらに発展させ、物心ともに平和で豊かな理想境となるよう共に励んでまいりましょう。  さて、今月は開祖宗道臣少林寺拳法初代師家の命日、5月12日の開祖忌があります。本山を始め全国の道院や教区において開祖忌法要が執り行われます…
管長法話

2019/04/01

vol.49 新たな希望を胸に

vol.49 新たな希望を胸に

合 掌  春の日差しが眩しく、全国に桜開花のニュースが届けられる季節になりました。皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。  さて、本山の景色も春一色となり、町中桜が咲き始めています。暖かい日差しと共に命の限り花を咲かせるのは桜だけではありません。人も心の中に、期待や希望や夢の花を咲かせま…
道院長元気の素

2019/03/01

vol.63  岡山真庭道院 道院長 黒田靖

vol.63 岡山真庭道院 道院長 黒田靖

「今何をすべきか」を考えて行動する 私が入門した倉敷道院は、自宅から車で1時間半かかる場所にあり、仕事帰りに修練を続けていましたが、次第に足が遠のき休みがちになっていきました。しかし心の中では、「地元に道院があればもっと練習できるのに…」とも思っていました。そんな折、近隣道院の道院長、拳士達との懇…
管長法話

2019/03/01

vol.48 多忙な年度末「よく整えし己れこそ」

vol.48 多忙な年度末「よく整えし己れこそ」

合 掌  少しずつ春の訪れを感じる頃となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  さて、いよいよ年度末を迎えますが、本山においても、年度を締めくくる業務が急がれます。できていない業務の対処、新年度に向けた助走と、年度末ならではの忙しさがあり、業務にあたる職員も普段以上の気力と体力を充実させ金…
管長法話

2019/02/01

vol.47 信条「世界の平和と福祉に貢献する」

vol.47 信条「世界の平和と福祉に貢献する」

合 掌  2月に入りまもなく立春とはいえまだまだ寒い日が続きますが、皆様にはお元気で充実した毎日を過ごされていることとお喜び申し上げます。  さて、今月10日は宗道臣開祖の生誕の日です。開祖が生まれたことで日本に少林寺拳法が生まれ、幸福運動が生まれ、全国、世界にこの運動が広がりました。この幸福運…