法を問い学を修める

2018/03/01

vol.57 ダーマ信仰→人間尊重の自覚→信念

vol.57 ダーマ信仰→人間尊重の自覚→信念

 開祖は、ダーマの認識について、 「宇宙に遍満するいのちのはたらきとして理解し、全ての生きとし生けるものは、その大いなる力に生かされていると信じ、その上で自己の確立、己の価値の発見と言うことを主張し、教育し続けてきたが、本当の信仰とはそうでなければならない。」  と述べられています。  また、…
道院長元気の素

2018/03/01

vol.57  阿波市場道院 道院長 藤野 起夫

vol.57 阿波市場道院 道院長 藤野 起夫

―――道院長になろうと思ったきっかけは何でしょうか 30代半ばに、近隣道院の道院長が怪我で療養中に、道院長代行としてお手伝いさせて貰ったことがターニングポイントになりました。自分の指導によって拳士が一喜一憂する姿を見て、難しいけど、やり甲斐があり、面白いなという気持ちになり、「道院長になりたい」…
代表法話

2018/03/01

vol.36 社会の変化に向き合う金剛禅運動

vol.36 社会の変化に向き合う金剛禅運動

合 掌  3月に入り寒さも日毎にゆるんでまいりました。皆様にはご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます。  さて、先週は70周年記念行事のフィナーレとして少林寺拳法創始70周年記念レセプションが開催されました。70年という歴史と永年に渡たり結ばれた信頼関係を感じ、そして80周年への一歩を踏…
代表法話

2018/02/01

vol.35 季節に学ぶ「思いやり」

vol.35 季節に学ぶ「思いやり」

合 掌  2月に入りました。数十年ぶりの強い寒波の影響で、とても寒い日が続いておりますが、皆様におかれましては、この寒さに負けずご健勝でお過ごしのことと思っており、また願っております。  さて、寒波の猛威に併せてか、インフルエンザや風邪も流行しているようです。体調を崩すと数日間お休みになり、…
グループ表彰

2018/01/26

2018年表彰

2018年表彰

~少林寺拳法グループ表彰について~ 『少林寺拳法グループ表彰』は、主に地域のボランティア活動や広報活動などにより少林寺拳法の目的である人づくりを実践されている団体または個人の中から特に継続性や工夫ある顕著な実践活動を評価し、表彰するものです。またこの表彰の受賞者は、少林寺拳法グループ加盟の各団体…
宗由貴からのメッセージ

2018/01/23

vol.57 少林寺拳法の指導者が超少子高齢化社会の大きな力となる

vol.57 少林寺拳法の指導者が超少子高齢化社会の大きな力となる

2018年の幕開け、四国の少林寺拳法総本部では金剛禅総本山少林寺の新春法会と(一財)少林寺拳法連盟の鏡開きが行われました。 全国から大勢の指導者や拳士が集い、最後は晴天の境内に集まり鏡割りや餅つき、そしてぜんざいや甘酒、しっぽくうどんなどが振舞われました。 この新年最初の行事では…
指導者が成長するためのONE POINT

2018/01/05

からだを育み 心を育み つながりを育む

からだを育み 心を育み つながりを育む

「四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(した)がう。七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず」(論語)と言います。人間の年代に応じた生き方を示しているものですが、組織・団体の年月に応じた行動姿勢を表現しているようにも思えます。  少林寺拳法連盟は、今年、発足か…
会報少林寺拳法

2018/01/05

2018年冬号

2018年冬号

  ( 2018年冬号の 主な内容)    ■会長室から    ~ 重 点 課 題 の 検 証 ~  ■70th 特集   ~ ブ ル ー ス カ イ キ ャ ン パ ス in 多 度 津 ( ビ バ ★ ブ ル ー ス カ イ ) ~   ■行事報告  …
会長メッセージ

2018/01/05

「架け橋の検証」

「架け橋の検証」

 世界平和や安全、人権等を守る諸活動を行っている国際連合が、155 カ国を対 象にした「幸福度順位」を発表しています。上位は、ノルウェー、デンマーク、 アイスランドの順で、アイスランドに至っては世界 GDP 順位 110 位の国です。 世界第三位の経済大国日本は、51 位でした。  この順位は、…
一期一笑

2018/01/01

vol.56 架け橋が織りなす仕合せ

vol.56 架け橋が織りなす仕合せ

 本山仁王門、43年前に初めてくぐり、今回数十年ぶりに合掌礼をすることができました。少林寺拳法創始70周年記念事業のブルースカイキャンパスin多度津に参加するため、齋野道院長はじめとする道院幹部6人で帰山したからです。  「お帰りなさい」と迎えてくれた本山職員は、学生時代の一年後輩でした。門と人が…
代表法話

2018/01/01

vol.34 行動力 繋がりを活かす一年に

vol.34 行動力 繋がりを活かす一年に

合 掌  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。  昨年は豪雨や台風の影響で災害が多い一年でした。被害を受けられた地域の方々の一日も早い復旧と、元の生活に戻ることを願っております。  さて、いよいよ2018年が始まりました。少林寺拳法創始71年目、今年は金剛禅と少林寺拳法…
宗由貴からのメッセージ

2017/12/01

vol.56 ひとの役に立ち喜んでもらえるように生きるための人間力を

vol.56 ひとの役に立ち喜んでもらえるように生きるための人間力を

  「与える喜び……」     小学校5年生になったとき、父が私に贈ってくれた言葉です。     「自分がひとから何かをしてもらったらうれしいだろう。しかしそれよりも自分が人のために何かをしてその相手が喜んでくれたら、もっとうれしいんだよ」と日々聞かされていました。  …