宗由貴からのメッセージ

2014/08/10

Vol.25 駄目なものはダメ、嫌なものはイヤと言える勇気を養いたい

Vol.25 駄目なものはダメ、嫌なものはイヤと言える勇気を養いたい

1945年8月に広島・長崎に原爆が投下され、そして終戦を迎えました。それから69年、日本は毎年8月、慰霊と共に平和を訴え不戦の誓いをしてきたはずです。 しかし21世紀となった今、「憲法96条改正議論」→「特定秘密保護法案可決」→「武器輸出三原則の見直し」→「集団的自衛権の行使容認を閣議決定」と進んで…
あ・うん こぼればなし

2014/08/01

vol.35 たゆまぬ自己研鑽によって

vol.35 たゆまぬ自己研鑽によって

これまでのこぼれ話にも出てきましたが、道院長は毎年、道院長研修会を受講します。そこでは全国の道院長が一堂に会し、組織方針を確認し、自己研鑽に励みます。最前線で金剛禅の布教活動に取り組み、門信徒を牽引し続けるためには、道院長自身、相当なエネルギーを必要とします。道研は、道院長が燃え続けるための充電の場…

2014/08/01

vol.35 道院設立25年を振り返る

vol.35 道院設立25年を振り返る

大学時代に始めた少林寺拳法、ここまで続けている自分を正直想像できませんでした。始めた当初は、ひたすら強くなることを目指していました。当時の大学少林寺拳法部は、上下関係が厳しく、校内で先輩に気付かず挨拶を怠ると、連帯責任で体罰になりました。日々の練習もハードで、今思えば毎日が苦行だった気がします。その…
ふだん着の金剛禅

2014/08/01

vol.36
 日々是修行

vol.36
 日々是修行

金剛禅の修行は日常のさまざまな出来事の中で実践してこそ、その価値があり実感できるものである。

しかし、私は長年そこに気付かず、金剛禅の修行を分かったつもりでいた。そして、金剛禅の修行が日常と切り離されたものになっていたように思う。そのような状態であるので、問題や課題から目を背け、自分を都合よく肯定…
志をつなぐ

2014/07/28

vol.35 中山満洲雄 大導師正範士八段 162期生

vol.35 中山満洲雄 大導師正範士八段 162期生

開祖にご挨拶したとき、「君は高校出だから、上の人と接しようと思ったら労働組合の役員ぐらいしなくては」と言われたことがあります。その時は、自分が役員になるなど考えてもいませんでした。しかし、人間関係を大切にし、開祖の教えを実践するうち、周りから推薦されて労働組合の支部長になり、運営協議会で社長や重役に…
宗由貴からのメッセージ

2014/07/10

Vol.24 日本の誇るべき文化のために……

Vol.24 日本の誇るべき文化のために……

弘法大師(空海)の生誕地、香川県善通寺市は、少林寺拳法総本部のある多度津町の隣に位置します。空海ゆかりの寺を巡る四国八十八ヶ所参りが、最近、若い方や外国人に話題だといいます。四国には、白装束のお遍路さんを地域の方々が温かく迎え、自宅やお寺の境内やさまざまなところでお茶や食事を出し労をねぎらったり、時…
道院長元気の素

2014/07/05

vol.35 京都春日道院 道院長 山本進

vol.35 京都春日道院 道院長 山本進

道院長になろうと思ったきっかけは?京 都春日道院は、故・山本喜一郎初代道院長(私の父)が1974年に設立した道院です。その道院に、私は6歳で入門しました。高校受験準備等で一時は少林寺 拳法から離れ休眠し、社会人になりますます道院へも足が遠のいていたところ、1992年、父の身体に癌が見つかり、余命半年…
一期一笑

2014/07/01

vol.35 我が町を愛する

vol.35 我が町を愛する

愛媛県三崎町は、四国の最西端に位置する愛媛県佐田岬半島の先端にあります。九州・大分県佐賀関とは目と鼻の先の距離で、農業と漁業の盛んな所です。私はここで4代続く柑橘農家の長男として生まれ、東京の大学を卒業後、帰郷し家業を継ぎました。また、現在は三崎道院の道院長を務めています。小さな町なので消防団や青年…
法を問い学を修める

2014/06/20

vol.34 釈尊の言葉「法句経」(上)

vol.34 釈尊の言葉「法句経」(上)

聖句「己れこそ己れの寄るべ(略)」と「自ら悪をなさば自ら汚れ(略)」の二句は、「法句経」に拠ったものである。「法句経」は釈尊が自ら説かれた語句を集めたもので、パーリ原文ではDHAMMAPADA(ダンマパダ)という。「ダンマ」とは「法(真理)」、「パダ」は「言葉」で、「ダンマパダ」は「真理の言葉」、ま…
宗由貴からのメッセージ

2014/06/10

Vol.23 少林寺拳法グループのこだわる人材育成交流

Vol.23 少林寺拳法グループのこだわる人材育成交流

二年ぶりに中国を訪問しました。少林寺拳法グループは、創始者である宗道臣の「日中の友好なくしてアジアの平和はない。アジアの平和なくして世界の平和はない」という考え方の下、日中国交正常化直後から約40年以上にわたり交流を続けてきました。  ここ近年、日中関係は正常化以来最悪といわれますが、果たしてそうで…
あ・うん こぼればなし

2014/06/01

vol.34 少林寺拳法の聖地「金剛禅総本山少林寺」

vol.34 少林寺拳法の聖地「金剛禅総本山少林寺」

少林寺拳法は香川県多度津町で生まれ、今や世界36カ国に広がっています。うどんだけじゃない香川県、宗門の行としての少林寺拳法の聖地もあるのです。少林寺拳法の聖地「金剛禅総本山少林寺」では、年間を通して様々な行事が開催されています。また、新春法会や達磨祭は一般にも公開されていますので、地元の方の参加もあ…

2014/06/01

vol.34 覚悟とは

vol.34 覚悟とは

開祖は、道院長としての心構えを、道院長講習会の度に呼びかけられ、叱咤激励をされてこられた。我々多くの道院長は、その言葉に充電され、頭の中では理解をし、よし頑張らねばとそれぞれの地域に帰って活動をしてきた。しかし、いつの間にか日常に流され、「マアそのうちに宝くじでも当たれば、道場の一つや二つすぐに建て…