会報少林寺拳法

2018/06/28

2018年夏号

2018年夏号

【2018年夏号(主な内容)】  ■会長室から    ~ 東奔西走 ~  ■行事報告    ○第21回全国高等学校少林寺拳法選抜大会       ○四国旅客鉄道株式会社新入社員研修受入    ◯2018年5月度指導者講習会  ■心のふるさと少林寺拳法     東海大学…
宗由貴からのメッセージ

2018/06/07

Vol.60 直心をモットーに……

Vol.60 直心をモットーに……

日大アメフト部の、試合中の悪質タックル事件に端を発し、監督やコーチからのパワハラ問題が連日取り沙汰されています。今やセクハラやパワハラ、アルハラなど各種ハラスメントについては、組織や個人として避けて通れない課題となっています。   私も39年間組織の責任者として、これらの問題に対する対処を様々に経…
管長法話

2018/06/01

vol.39 社会に役立つ自分になる

vol.39 社会に役立つ自分になる

合 掌  6月になりました。新年度がはじまり新しい生活をはじめた方も2ヶ月が過ぎ、身体も心も環境に慣れてきた頃ではないでしょうか。  さて、皆様は今の生活をどのように感じていますか?「元気良く過ごせている」「夢や目標が見つかった」「充実した日々だ」等、ポジティブな気持ちを持てているという方は、こ…
宗由貴からのメッセージ

2018/05/09

Vol.59 生きる上で大切な節目に少林寺拳法が繋げたい思い

Vol.59 生きる上で大切な節目に少林寺拳法が繋げたい思い

インドネシアのジャカルタで行われた、イスラムの結婚披露レセプションに出席する機会がありました。本来ならば結婚式にも出席するはずだったのですが、前日に羽田を離陸するはずの飛行機が機材トラブルで16時間も遅れて真夜中に飛び立つこととなり、式には間に合いませんでした。  到着してから3日ほど前から行われ…
心のふるさと 少林寺拳法

2018/05/02

開祖の言葉に奮い立った学生時代。 稽古で培った熱い精神でゴルフの道にも邁進してきた。

開祖の言葉に奮い立った学生時代。 稽古で培った熱い精神でゴルフの道にも邁進してきた。

獨協大学OB神戸誠氏に聞く Q 今回は獨協大学少林寺拳法部OBで、ゴルフのトップアマとして長年ご活躍されている神戸誠さんにお話をお伺いします。神戸さんはアマチュアゴルファーとして埼玉県を拠点に活動されており、同県のアマチュア選手権で優勝を重ね、日本アマチュア選手権出場、あるいはプロアマ混合の大会で…
カウンセラー菅野純の視点〜

2018/05/02

発達障害をめぐる「困り感」

発達障害をめぐる「困り感」

 発達障害児にはとらえにくい面がたくさんあります。難しい言葉を喋ったり、大人でも読めない漢字を読めたりできる反面、文章の内容を理解したり、言葉の背後にある隠れた意味を推察することができません。親として、指導者として、発達障害児にかかわる時に陥る感情は「苛立ち」ではないでしょうか。  「分かっている…
会長メッセージ

2018/05/02

「少林寺拳法の力」

「少林寺拳法の力」

 18才未満人口の減少が加速する「2018年問題」は、高齢者を支える働き手の減少=社会保障費問題や国力衰退につながる深刻な問題です。全人口の4人に1人が75才以上になる「2025年問題」と併せると将来の若者の負担が深刻な問題です。  文部科学省の学習指導要領には、激しい変化の社会を生き抜くために、…
会報少林寺拳法

2018/05/02

2018年春号

2018年春号

  【2018年春号(主な内容)】    ■会長室から   ~ 3ケ年方針と重点課題 ~  ■行事報告   ○記念レセプション~少林寺拳法創始70周年記念事業を締めくくるレセプション~   ○2017 年度春季大学少林寺拳法連盟本部合宿  ■心のふるさと少林寺拳法   獨協大学 O…
法を問い学を修める

2018/05/01

vol.58 真理とは、ゆるぎないもの

vol.58 真理とは、ゆるぎないもの

 自分はどこから来て、どこに行くのか、この世界はなぜあるのか、宇宙はなぜ存在するのか、そもそも、我とは何者なのか、これらの答えのない問いに対して、人間は、知りたいと思い、探求しようとする。  これは、人間に与えられた能力であり、真理を探求しようとする宿命と言える。  これまでも現在も、天才科学者…
一期一笑

2018/05/01

vol.58 温かく柔らかく育ってほしい

vol.58 温かく柔らかく育ってほしい

 幼稚園年長の子どもを道院に通わせていますが、最初道院で“絵本の読み聞かせ“と聞いた時、道院は修練を行う場だと思っていたので珍しい試みだなぁと思いました。  しかし修練後などの短い時間ですが、仲間とお互いの体温を感じるほど肩を寄せ合って一緒に笑い、読み手の方に自然に体と目を向け、相手の話を熱心に聞…
道院長元気の素

2018/05/01

vol.58  綾瀬深谷道院 道院長 増井 友哉

vol.58 綾瀬深谷道院 道院長 増井 友哉

―――道院長になろうと思ったきっかけは何でしょうか 小学1年生より始めた少林寺拳法。高校・大学と少林寺拳法部に入部し、いろいろな行事・大会に参加させていただきました。技術面精神面ともに大きくさせてもらい道院に戻りましたが、大学卒業後は仕事が忙しく道院に行くのも少年部の拳士が帰ってからの時間が多く…
管長法話

2018/05/01

vol.38 原点を見つめ生き生きと行動する

vol.38 原点を見つめ生き生きと行動する

合 掌 5月になりました。日差しは眩しいぐらい明るくなり、樹木の若葉や動物たちの命が生き生きしはじめています。 さて、私たちは少林寺拳法の修行を通じて自分を良い方に変え、社会に役立つ人になることを目指し努力精進しています。今月はその道を歩む者にとって大切な月です。 5月12日は、開祖宗道…